【とんでもないお金持ち?】芦田愛菜の両親の学歴と職業がハンパない!親戚も優秀?

asidamana-ryoushinn1

芦田愛菜さんが子役の時から、芸能界で活躍しているのは、テレビを見ている人ならご存知の方も多くいらっしゃると思います。

学歴も慶應義塾大学法学部政治学科と高学歴なので、両親が芦田愛菜さんにどういう教育をしているのか気になりますよね。

今回は、芦田愛菜さんの両親の学歴と職業について解説いたします!

芦田愛菜の両親の学歴と職業が凄かった!

芦田愛菜さんは兄弟がいないので一人っ子です。

両親と芦田愛菜さんの3人家族です。

芦田愛菜さんの父親は大手の銀行に勤めています。

母親は専業主婦をされているようですが、芦田愛菜さんを陰ながら支えていたので、後に芦田愛菜さんの現在の活躍につながったといえます。

3歳で芸能界入りした芦田愛菜の両親による教育方針

ahidamana-ryoushinn2画像引用元:Informazione giapponeze

芦田愛菜さんの両親は、芦田愛菜さんに対する教育もしっかり行われていたようです。

特に母親による芦田愛菜さんへの教育の基本として、おはよう、さようなら、ありがとう、ごめんなさいい、わかりません、お願いします、知りませんの言葉を言えるようにしなさいと教えています。

両親も優秀だけど親戚も優秀だった?

芦田愛菜さんの両親と芦田愛菜さんが優秀な方というのは、知ることができたと思いますが、親戚は実際どうなのかというのが気になりますね。

親戚もすごいと話題になっていますが、最後にお伝えします。

表には出ない芦田愛菜の家族構成

芦田愛菜さんの表向きな話題は、テレビでドラマ・CM、サンドイッチマンと博士ちゃんの司会をしているイメージが強いですが、実際の家族構成は、兄弟はいませんが、芦田愛菜さんは芸能界で活動しながら、大学にも通われています。

父親は、三井信託銀行の支店長、母親は専業主婦でありながら芦田愛菜さんのマネージャー的な役割をしていました。

芦田愛菜の父親ってどんな人?

ashidamana-ryoushinn3
画像引用元:ますた~ど通信

芦田愛菜さんが子役の時から活躍していたので、芦田愛菜さんの母親のイメージがなんとなくつく人も多いと思いますが、逆に芦田愛菜さんの父親はどんな人なのかわかりずらい人もいると思います。

そこで、芦田愛菜さんの父親について、調べてみました。

芦田愛菜の父親はやっぱりエリート

芦田愛菜さんの父親の学歴について調べてみましたが、小学校、中学校、高校についての詳細はわかりませんでした。

大学については、情報はありましたが、住んでいる所は個人情報になるため、詳細は明らかにされていません。

大学は偏差値の高い大学を出てたのでしょうか?

エリートの父親の学歴、年収・経歴

芦田愛菜さんの父親の学歴は早稲田大学の商学部を卒業しました。

偏差値は65から70があり、大学の中でも偏差値が高い大学です。

芦田愛菜さんの父親の名前は芦田博文さんと言います。

大学を卒業してから三井住友銀行に勤めています。

三井住友銀行は三井住友ファイナンシャルグループの会社です。

三井住友ファイナンシャルグループは銀行売上ランキングでも6兆1421億円で三菱UFJファイナンシャルグループに続く2位です。

2010年4月に亀有支店で初めて支店長になり、2012年4月都立大学駅前支店の支店長として勤務、2014年4月吉祥寺支店に異動、2017年4月に相鉄エリア支店に異動、2017年に三井住友銀行の支店長の平均年収による情報がありました。

年収自体は、正式ではありませんが、三井住友銀行の支店長を勤務(2017年の情報)されています。

大手銀行の支店長の平均年収は約1500万円と言われており、芦田愛菜さんの父親もそれぐらいの年収はあるだろうと言われています。

2019年4月に千葉エリア支店に異動、千葉県信用保証協会役員理事にも就任しました。

2021年リテール業務推進部付部長、2022年船橋エリア部長兼船橋支店長、2023年船橋支店長と千葉ニュータウン支店長を兼務しています。

三井住友銀行のリテール業務とは、銀行や証券会社などの金融機関が手掛ける個人や中小企業を対象とする小口の業務のこと、預金や住宅ローン、株式、投資信託、保険などが主な販売対象商品です。

大手の銀行員が支店長になる確率は40%で、40歳から50代前半に昇進する可能性が高いといわれています。

ビジネス・キャリアサイトの情報によりますと、最高位の役員または頭取が50代以上で2000万円以上、2番目が支店長・部長で40代後半1300から1700万円になります。

芦田愛菜さんの父親は、40歳の時に支店長に昇進していますので、だいぶ早い出世だと思います。

芦田愛菜の母親ってどんな人?

芦田愛菜さんの母親は、芦田愛菜さんが3歳の時、芸能界入りを勧めたといいます。

その芦田愛菜さんの母親は現在なにをしているのでしょうか?

現在は専業主婦

芦田愛菜さんの母親は、現在、専業主婦ですが、芦田愛菜さんに芸能界のオーディションを受けてみないか?といったのをきっけかに、結果、オーディションに合格して芸能界入りを決めました。

その後、芦田愛菜さんの母親は芦田愛菜さんのマネージャー的な役割として、送迎や食事面など全体的に支えたそうです。

母親の学歴、経歴

芦田愛菜さんの母親は、年齢が非公開ですが、32歳で芦田愛菜さんを出産したという話があります。

2024年現在では、51歳ぐらいになりますが、明らかにされていません。

一流の芸能人になった芦田愛菜の母親の教育方法

ashidamana-ryoushinn6画像引用元:Feathered News

芦田愛菜さんがテレビの仕事で鈴木福さんとマルモのおきてというドラマで共演していましたが、その主題歌もヒットして、天才子役として活躍をされていました。

その背景に、母親の芦田愛菜さんに対する教育が気になりますが、どのような教育をしてきたのでしょうか?

①礼儀作法について厳しかった

芦田愛菜さんの両親は、芦田愛菜さんに「挨拶すること、そして感謝の気持ちを言葉にすることを忘れないようにしなさい。」と何度も教えてきたようです。

芦田愛菜さんが5歳になった時には敬語を正確に使えるようになったのです。

芦田愛菜さんの両親が礼儀作法をしっかり伝えた結果が表れているようですね。。。

➁キッズキッチン通いで五感を鍛える

芦田愛菜さんが母親の勧めでキッズキッチンという教室で料理を通じて、子供の5感を発達させる環境で料理を学んだことがあります。

自宅でも母親の料理を手伝っていたということもあり、生活全般に対する理解が子供の時から非常に優秀だったといえます。

③絵本の読み聞かせを徹底していた

芦田愛菜さんの両親は、芦田愛菜さんが2歳の時から、絵本を読み聞かせていました。

その経験により芦田愛菜さんは、本を読むのが好きになり、3歳の時にはひらがなを完璧に覚えたそうです。

小学校低学年の時に月50冊の本を読むみ、年間300冊も読んでいました。

④疑問があれば黒板に書き出して問題解決

芦田愛菜さんの自宅に以前、黒板があり、毎日の習慣として、分からない言葉と問題があれば黒板に書き出して、母親と一緒に分かるようになるまで練習していました。

理解できたら黒板をきれいにして、また、わからない言葉と問題があれば黒板に書き出して理解するまで練習を繰り返していました。

⑤芦田愛菜が芸能界入りを母親が勧めた?

芦田愛菜さんが芸能事務所のオーディションに合格したのが、3歳の頃ですが、その時、オーディションを受けるように勧めたのが母親でした。

子供がテレビに出る機会が増えると、親がその流れに乗るようにテレビに出るパターンが数多く見られますが、芦田愛菜さんの両親は本業に影響が出ないように、メディアに対する露出を控えていました。

2024年現在もメディアへの露出を控えているそうです。

⑥両親と芦田愛菜は仲がいいのか?

芦田愛菜さんが芸能界に入る前から礼儀作業など、両親が教育に熱心なことから、親子の関係が行き過ぎた教育によりこじれる場合があります。

しかし、芦田愛菜さんと両親の間に仲が悪いと言う話題がないため、エリートを目指すべき教育は受けていても、家族に対する仲が悪くなることはないようです。

芦田愛菜と父親との関係・エピソード

芦田愛菜さんの家族全員がエリートのため、両親が芦田愛菜さんに対して厳しい教育だけをしてきたのか?

実際は、芦田愛菜さんが子役時代のインタビューでお風呂でおもいっきり水をかけて遊ぶなど、芸能人として活躍しているから特別変わった生活ではないようで、一般的な生活をしているようです。

芦田愛菜さんは幼少期の時、父親から、王貞治さんの名言を教えれらました。

「努力は必ず報われる。報われない努力があるとすればそれはまだ努力とは言えない」

この言葉は芦田愛菜さんを支える言葉となります。

芦田愛菜さんの両親と芦田愛菜さん自身に悪い話題がないため、世間では、どうしても悪い噂がどこかあるのでは?と思ってしまいますが、実際悪い噂があったのでしょうか?

芦田愛菜の両親に離婚の噂

芦田愛菜さんの両親に離婚の噂がありました。テレビではなくSNS上での話ですが、芦田愛菜の両親が最近離婚したという書き込みがあったことからこのような噂が出たのでしょう。

明らかに嘘だと言うことがわかりますが、なぜ離婚の噂が出たのでしょうか?

離婚の噂が出た理由

両親による離婚の話題は基本的に、どちらか不倫しているとか、金銭的な問題、価値観の問題などがありますが、芦田愛菜さんの父親は同じ会社で出世の道を歩んでいますし、母親は娘である芦田愛菜さんが芸能界で活躍してからも、芦田愛菜さんが現在、大学進学まで教育を怠らないことから離婚をする理由が見当たりません。

あまりにも結果が良すぎるので、悪い結果を探したくなる人が存在するのが世の中の仕組みなので、結果的に悪い噂をでっち上げたようにしか見えないですね・・・・。

両親の出会いや馴れ初め

週間女性によると、芦田愛菜さんの両親ともにメガバンクに勤めていたといいます。

母親は後に専業主婦として芦田愛菜さんを支える立場となりますが、父親は、出世街道を歩んで行きました。

この流れで行くと芦田愛菜さんも芸能界ではなく、銀行員として働くイメージあるかもしれませんが、芸能界ですでに活躍していますし、芦田愛菜さんが通っている大学が経済ではなく法学部所属なので、今後のことはわからないですが、メガバンク勤務の可能性は低いかもしれません。

芦田愛菜の親戚もすごかった!

ashidamana-ryoushinn7画像引用元:暇人たちの井戸端会議

芦田愛菜さんの親戚であり、叔父の芦田昭充さんがいます。

叔父は商船三井の会長をされていますが、海軍大手として有名な会社で、日本で最も就職するのが難しいと言われているようです。

叔父の最終学歴は京都大学教育学部を卒業しています。

大学卒業後の商船三井時代は、2003年に代表代表取締役副社長、2004年に代表取締役社長、2010年に代表取締役会長に就任いたしました。

芦田愛菜さんの叔父の芦田昭充さんは、島根県雲南市出身です。

大東町立大東中学校では、投手で4番を打ち、2年生の時、県大会で優勝しました。

大東町立大東中学校を卒業して。島根県立松江北高等学校の時は、高校2年生で陸上800mのリレーで中国大会による優勝、高校3年生の時に中国大会の走り幅跳びで優勝しました。

京都大学時代は、関西インカレの走り幅跳びの優勝の実績もあります。

芦田愛菜さんと両親、親戚共に絵に描いたようなエリート家族ということが、今回の芦田愛菜さんの両親と親戚についての解説で非常に伝わったといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)